「ふうあいねっと」とは

 東日本大震災および福島第一原発事故により福島県外に避難をされている方は約6万人。その中でも茨城県には2013年春には4000人を超える方が2016年も約3500人の方が生活されています。

  

 茨城に避難されている方々の暮らしや交流のサポートのため、茨城県内への避難者・支援者ネットワーク「ふうあいねっと」が2012年5月30日に発足。現在、茨城県内のNPOや専門機関、避難されている方々の自主組織など31団体によって構成されています。

 

  各地で交流会を企画・運営し、避難されている方同士の交流の場をお手伝いしたり、法律などの各種相談等があれば専門機関のご紹介をしたり、同郷から避難している人とのグループを作りたいなどのお声があれば立ち上げのお手伝いをしていきます。ぜひお気軽にご連絡ください。

 

「ふうあいねっと」=「福島(Fukushima)のFu "ふう"」+「茨城(Ibaraki)のI "あい"」
 福
島と茨城の人と人をつないでいければと思い活動しています。

 

▶発足までの経緯

アクセス

《バス》

JR 水戸駅 (北口 )バスターミナル  7番乗り場から 

茨城交通バス「茨大行栄町経由)」に乗車、「茨大正面前」で下 車。

※バス乗車時間約 約 25 分 運賃 330 円